軽自動車の車検費用の相場

軽自動車は、普通乗用車に比べて維持費が安いです。最近はリッター20キロ以上走ることができる軽自動車が増えており、若い人にも人気があります。しかし、維持費が安いといっても、2年に一度は車検を受けなければいけません。車検は、法定費用と、基本料の二つで構成されています。法定費用は、普通乗用車と比べてもそんなに料金が変わらないです。法定費用は、自賠責保険、重量税、印紙代がかかります。トータルだとだいたい3万5千円くらいになります。車検のときに、部品を交換したり、点検をするため、3万5千円にプラスで数万円費用がかかります。トータルだと、8万円くらいになることが多いです。交換さなければいけない部品が高額であれば10万円を超えることもあります。できるだけ費用を抑えたい人は、車検の安い業者探すために見積もりをもらいましょう。

軽自動車の車検を受けよう

軽自動車は、普通乗用車に比べて小さいので小回りがききます。燃費が良く、税金も安いため、普通乗用車から、乗り換えるという人も増えています。2年に一度車検を受けなければいけませんが、普通乗用車に比べて車検費用も安くなります。しかし、受けるところによって料金が違います。まずは、ディーラーで受けることができます。ディーラーは、しっかり点検をしてくれるため、安心感があります。しかし、費用の相場が高いです。あまりお金をかけたくないという人は、ディーラーではなく、車検専門店や、民間の整備工場や、カー用品店を選びましょう。専門店は、全国展開しているお店も多いです。テレビCMを流しているお店もあり、有名です。民間整備工場は、地域密着型のところが多いです。顔見知りになれば、割引をしてくれたりすることもあります。

車検費用が安い軽自動車

軽自動車の特徴は、普通の車よりも軽い車となっているために、小回りがきくことや税金が安いということから、人気の車となっています。また、軽自動車が人気となっている理由には、車検にかかってしまう費用が安いということがいえ、車検は、公道を走る車にとっては欠かせぬ車のための検査となっていて、車は安全に走ることができるようにと、車専用の安全基準を満たした検査を受けるということが必要となってくるため、車検は、かならず受けることが国で義務付けられていますが、検査を受けるために高額な費用がかかってしまうということがあるため、車を利用することは移動手段としては便利ではあるものの、費用が高くついてしまうために、車を所持しないという選択肢をとる方もいるほどに、検査にはお金がかかってしまうこともあります。しかし軽自動車の場合には、他の車よりも検査自体にかかる費用はお手頃となっているため、費用をおさえたいといったときには、軽がべんりです。