軽自動車の車検を通す

自動車を持っていると必ず行わなければならのが車検です。新車であれば三年ですが、その後は二年おきに行わなければなりません。そして、軽自動車の場合でも同じなのですが、料金が乗用車と違ってきます。まずは、法定費用といわれる費用がありますが、こちらは自賠責保険料や重量税や印紙代などが掛かります。そして、この費用はディーラーでも整備工場でもガソリンスタンドでも同じにかかります。金額が決められているので、割引などもありません。そして、基本料は祖の車検を依頼するところによって違いがあります。新車のうちはディーラーで行ったほうが安心ですが、料金が他の所に比べて若干高めになっています。基本料金が掛かりますが、それ以外のも必要に応じて部品代もかかります。多いのが、オイル交換で必ず行わなければならないわけではありませんが、やる人が多いです。

軽自動車の車検で交換する部品

車検の時には、基準がありそれ以上の消耗があったりする部分は交換が必要になります。その中で、必ず行わなければならないものとして、ブレーキパッドがあります。ブレーキパッドは運転するごとに消耗していくので、基準値以下になると左右一緒に交換が必要です。そして、以外にも自分では気が付きにくい部分としてバックライトやナンバー灯があります。これも保安上の問題で必ず交換が必要です。最近の車はユニット型になっているものが多く、丸ごと取り換えることもあり結構な費用が掛かります。そして、軽自動車の場合多いのが、オイル関係です。エンジンが小さいためオイルが消耗しやすい傾向にあります。もちろん、まだそんなに距離を走っていないのであれば必要ありありませんが、その時に一緒に行うことが多いです。オイルの種類にもよりますが、3000円程になっています。

軽自動車の車検時期を管理する方法

軽自動車を新車で購入した場合、3年間の間は車検を受ける必要がありませんが、1度検査を受けた車は2年に1回のペースで車検を受けなければいけないため、しっかりと検査時期を把握し車に乗り続けることが大切です。万が一定められた期間内に車の検査を受けない場合、公道を走ると交通違反になってしまうため、人は車を所有し続ける限り常に検査時期を頭の中で確認しながら、日々軽自動車を運転する必要があります。車検時期を忘れてしまいそうな人は、軽自動車を購入した専門店で予め通知希望をすれば、働くスタッフの方がダイレクトメールを自宅に送ってくれたり、直接電話連絡をしてくれる可能性があるため、車を購入するときにどのようなサービスを受けることができるのか、先に聞いておくことが大切です。人に指摘してもらうことによって、明確な検査時期を知ることができる人も存在するため、自分に合った方法で管理する必要があります。